コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽道楽 らく どうらく

1件 の用語解説(楽道楽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楽道楽 らく-どうらく

?-? 江戸時代前期の陶工。
楽家3代楽道入(どうにゅう)の弟。わかいころ放蕩(ほうとう)のため家を追われ,明暦2年(1656)和泉(いずみ)(大阪府)堺に窯をひらく。印は左文字の「楽」を使用した。本姓は田中。名は忠右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楽道楽の関連キーワード浅見五郎介雲斎加藤景増久兵衛小道三正玄宗閑太兵衛長兵衛(1)三輪休雪(初代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone