コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左文字 サモジ

大辞林 第三版の解説

さもじ【左文字】

さもんじ【左文字】

南北朝期筑前の刀工。本名、左衛門三郎。「左」一字を銘に切ることから左文字と称される。名物「江雪左文字」は有名。短刀が多い。生没年未詳。

ひだりもじ【左文字】

裏返しにして見た形の文字。鏡に映った文字や、印章などに彫った文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

左文字の関連キーワードゼロ計画を阻止せよ黄金番組殺人事件包保(初代)華麗なる誘拐盗まれた都市消えた巨人軍江雪左文字小夜左文字益亭三友草野イニ横澤丈二木村光宏小原ヒサ新藤栄作澁谷晶己兇悪な街小堀佳恵裏返し布施博左行秀

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左文字の関連情報