コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左文字 サモジ

5件 の用語解説(左文字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ‐もじ【左文字】

銘に「左」の一字のある刀。南北朝のころの筑前の刀工で、正宗の高弟という左衛門三郎慶源を祖とする左家(さけ)の鍛えたもの。さもんじ。

ひだり‐もじ【左文字】

裏返しに見た形の文字。印章などに刻んだ文字。鏡文字。
「―にぞ印(おし)たりける」〈読・弓張月・残〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さもじ【左文字】

さもんじ【左文字】

南北朝期筑前の刀工。本名、左衛門三郎。「左」一字を銘に切ることから左文字と称される。名物「江雪左文字」は有名。短刀が多い。生没年未詳。

ひだりもじ【左文字】

裏返しにして見た形の文字。鏡に映った文字や、印章などに彫った文字。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

左文字の関連情報