和泉(読み)いずみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和泉
いずみ

福井県東部,大野市南東部の旧村域。九頭竜川の最上流域にある。 1956年上穴馬村と下穴馬村が合体して和泉村が成立。 1958年石徹白村の一部を編入。 2005年大野市に編入。地名は旧村の和と九頭竜川水源の泉から命名。石灰洞があり,ここから白馬が飛び出したという伝説から,古来穴馬郷 (あなまごう) と呼ばれた。林業と観光が主産業。浄土真宗信仰の原初的形態が保たれていたことで知られたが,九頭竜川の電源開発で多くの集落が水没,離散した。九頭竜ダムは発電,灌漑に利用されるほか,観光客も多く訪れる。白馬洞や大垂滝などの見どころもある。伊月の手取層群から恐竜化石が発見されている。西部にはかつて国内有数であった亜鉛鉱山の中竜鉱山があり,1987年まで採掘されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いずみ【和泉】

旧国名の一。大阪府南部に相当。五畿内の一。泉州せんしゆう
大阪府南部の市。和泉国の国府がおかれた地。既製服・織物工業などが発達。信太しのだの森がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和泉
いずみ

福井県最東端、大野(おおの)郡にあった旧村名(和泉村(むら))。現在は大野市の南東部を占める地域。九頭竜(くずりゅう)川の上流に位置する。1956年(昭和31)上穴馬(かみあなま)村、下(しも)穴馬村が合併し和泉村と改称。1958年石徹白(いとしろ)村の一部を編入。2005年(平成17)大野市に編入。1963年、九頭竜川電源開発工事のため、旧上穴馬村の全域および下穴馬村の2集落の住民が岐阜、愛知県に移住した。旧村域の中央部に九頭竜ダム(1968年完成)があり、東から西に貫流する九頭竜川に沿って国道158号が走り、岐阜県との境にある油坂峠で中部縦貫自動車道と接続する。また旧村の中心である朝日までJR越美(えつみ)北線が開通している。耕地は全面積の2%程度で、おもな産業は観光である。恵まれた自然環境を生かして国民休養地、温泉、スキー場などがある。九頭竜川の支流、大納(おおの)川上流に鉛、亜鉛を産した中竜(なかたつ)鉱山があったが、1987年に休山。[印牧邦雄]
『『和泉村史』(1977・和泉村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いずみ いづみ【和泉】

[一] (大和朝廷の御料地の頃、現在の和泉市の地に泉が湧き「和泉(にきいずみ)」または「いずみ」と呼ばれた) 畿内五か国の一つ。古くは茅渟(ちぬ)といい、河内国に属した。霊亀二年(七一六)これを三分して和泉監(げん)を置き、天平宝字元年(七五七)和泉国となる。鎌倉時代は北条氏、室町時代は細川氏が守護。江戸時代は幕府直轄地のほか二藩が置かれた。廃藩置県により堺県となり、明治一四年(一八八一)大阪府に編入。泉州。
[二] 大阪府南西部の地名。和泉国府が置かれた所。黄金塚(こがねづか)古墳、松尾寺がある。「和泉白木綿」は有名。大阪の衛星工業都市。昭和三一年(一九五六)市制。
[三] 大阪府の南西部にあった郡。明治二九年(一八九六)大鳥郡と合併して泉北郡となる。
[四] 能狂言の一流派「和泉流」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和泉の関連情報