横入(読み)おうにゅう

  • よこいり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 横からわってはいること。途中から加わってはいること。
※東寺百合文書‐ち・自明徳五年(1394)正月五日至応永元年(1394)八月三日・二十一口方評定引付「於横入輩者、当寺参住之後、過二夏、可補云云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の横入の言及

【学侶】より

…いずれも最高位の検校(けんぎよう)にまで昇進できる。学侶の位階は大法師,入寺,三昧,山籠,阿闍梨と進むが,﨟次(ろうじ)に従うのを原則とし,途中学道3年目から加入するのを横入(おうにゆう)と称した。﨟次に応じて年俸や供料がついた。…

※「横入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android