コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横臥褶曲 オウガシュウキョク

デジタル大辞泉の解説

おうが‐しゅうきょく〔ワウグワシフキヨク〕【横××褶曲】

褶曲作用がはなはだしく進み、軸面がほとんど水平に倒れている褶曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうがしゅうきょく【横臥褶曲】

褶曲作用が極度に進み、褶曲の軸面が傾いてほとんど水平に近づいたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の横臥褶曲の言及

【褶曲】より

…それゆえ,正立褶曲を対称褶曲,傾斜褶曲を非対称褶曲と呼ぶことがある。傾斜褶曲のうち,軸面が著しく傾いた(軸面の傾斜角が45度以下)ものを転倒褶曲といい,ほぼ水平に近いものを横臥褶曲ないし横ぶせ褶曲という(図4)。造山帯の中軸部にしばしば認められる褶曲ナップ(ナップ)などは,横臥褶曲から発展したと説明される。…

※「横臥褶曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

横臥褶曲の関連キーワードアルプス型橄欖岩押しかぶせ構造クランプル層理ナップ(地学)押し被せ構造横倒し褶曲秋吉石灰岩根無地塊衝上断層褶曲作用後背地ハイム過褶曲ナップ地窓長瀞褶曲

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android