コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔神経 おうかくしんけいphrenic nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横隔神経
おうかくしんけい
phrenic nerve

頸神経叢の枝で,横隔膜の運動を支配する神経。第3~5頸神経から出て,前斜角筋の前を横切り,鎖骨下動・静脈の間を通って胸腔に入り,次いで縦隔胸膜と心膜の間を下って横隔膜に達する。わずかながら感覚線維および交感神経線維を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の横隔神経の言及

【呼吸】より

… 呼吸運動は,脳幹部の呼吸中枢で形成される自動的周期性興奮が,呼吸筋支配運動ニューロンを経由して呼吸筋へ送られることによって起こる。たとえば横隔膜は,第3・4頸髄の運動ニューロン群から発する横隔神経に支配されているので,それ以下のレベルでの脊髄損傷で肋間筋の運動麻痺が起こっても,横隔膜による呼吸運動は続けることができる。
[肺気量と肺容量]
 安静時呼吸での呼息後,胸郭は中間状態,安静時呼息位(基準位)にある。…

※「横隔神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横隔神経の関連キーワード横隔膜まひ/横隔膜弛緩症横隔膜麻痺首(くび)しゃっくり頸神経叢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android