コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫原流・柏原流 かしはらりゅう

大辞林 第三版の解説

かしはらりゅう【樫原流・柏原流】

槍術の一流派。江戸初期に紀州藩士の樫原五郎左衛門俊重が興した。初め直槍を用い、のち鉤槍かぎやりに転じた。 〔俗に「柏原流」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android