コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神道流(読み)しんとうりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神道流
しんとうりゅう

一刀流,新陰流と並ぶ剣道三大流派の一つ。正式には天真正伝神道流といい,鹿島神道流ともいう。室町時代下総 (千葉県) 香取郡飯篠村の飯篠長威斎家直が香取,鹿島両神宮の神伝により創始した。総合武道の流儀として有名。この流派から塚原卜伝卜伝流諸岡一羽一羽流などが分派した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神道流【しんとうりゅう】

正式名称は〈天真正伝神道流〉。剣術流派の一つで,日本剣道史上最古のもの。下総(しもうさ)国飯篠(いいざさ)の飯篠長威斎(ちょういさい)〔1387?-1488〕が香取神宮の神伝によって創始したという。神道流は剣術,なぎなた,槍(やり),居合軍法などをすべて含む総合武術であった。長威斎は剣術中興の祖と仰がれ,その門から諸岡一羽(もろおかいちう),塚原土佐守安幹,松本備前守政信らの名人が出,塚原土佐守の子塚原卜伝(ぼくでん)は新当流を,一羽の門人根岸兎角は微塵(みじん)流を開いた。
→関連項目新陰流

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうりゅう【神道流】

下総国(千葉県)香取の飯篠長威斎(いいざさちよういさい)(1387?‐1488)を祖とする剣術流派。正式には天真正伝神道流という。神道流は日本の剣道史上,流派として最も古いもので,鹿島,香取両神宮にゆかりの深い伝統ある武術である。神道流は軍法,剣術,なぎなた,槍,居合などを含む総合武術であった。この伝系には,諸岡一羽(もろおかいちう)の一羽流,塚原卜伝(ぼくでん)の新当流,有馬大和守乾信の有馬流などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんとうりゅう【神道流】

剣・槍・薙刀なぎなた・忍術・軍学などの一派。祖は飯篠いいざさ長威斎家直。塚原卜伝の新当流、上泉秀綱の新陰流と鼎立ていりつして後世まで影響を及ぼし、分派も多い。天真正伝香取神道流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神道流の言及

【飯篠長威斎】より

…天真正伝神道(てんしんしようでんしんとう)流(略して神道流)の武術の祖。日本兵法中興の祖ともいわれ,剣術における日本最古の流祖。…

※「神道流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報