一流(読み)イチリュウ

  • いちりゅう ‥リウ
  • いちりゅう〔リウ〕
  • ひとながれ

デジタル大辞泉の解説

その分野での第一等の地位。第一級。「一流の評論家」「一流ホテル」
他とは違う独特の流儀。「彼一流の論法」
芸道などの一つの流派。
(「一旒」とも書く)旗やのぼりの1本。ひとながれ。
「―の信号旗を掲ぐ」〈竜渓・浮城物語〉
同族。血統を同じくするもの。
「この―のみ絶えずして十余代に及べり」〈神皇正統記・村上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ひとつの血統。一族。ある一族。同じ一族。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)八月四日「是本自依平家一流氏族也」
※太平記(14C後)一九「大将は何れも名を惜む源氏一流の棟梁(とうりゃう)也」
② ひとつの流儀、流派、宗派、学派。ある流派。同じ流派。
※太平記(14C後)二五「大礼の神事無為(ぶゐ)に行はれば、一流の神書を火に入て」
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)大詰「然し、きゃつは八重垣流の、一流極めし者なれば」 〔人物志‐接識〕
③ ある方面での第一等の地位。または、その地位を占めている者。第一流。一人者。⇔二流
※金沢文庫古文書‐(元徳二年)(1330)三月四日・金沢貞顕書状(一・四二三)「一流之仁にて候つるに、歎存候」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「現今一流の批評家だ」 〔世説新語‐品藻〕
④ ある人、物または流派に限られて他にないやり方。特別。独特。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)四「風呂屋者一流、此風に上中下の品あり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「細君は女人一流の論理法で詰め寄せる」
⑤ (「一旒」とも) 旗、幟(のぼり)など一本。ひとながれ。
※多度神宮寺伽藍縁起資財帳(801)延暦二〇年一一月三日「小幡壱拾肆旒。各長一丈之中白色一旒」
⑥ 同様。同類。〔世説新語‐容止〕
〘名〙
① 一筋の流れ。一筋の川。また、一つの流派。同じ流儀。
※続拾遺(1278)釈教・一四〇三「谷川のわがひとながれかきとめて絶えざりけりと人に知らせん〈成源〉」
② 一本の旗や幟(のぼり)
※平家(13C前)一一「主もなき白旗ひとながれまいさがって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一流の言及

【家】より

…結局日本中世の家は,律令制を前提とする求心的な荘園制社会の中から生まれてきたために,上から,外的契機に強く作用されながら登場してきたといってよいのであり,それはまた家の内在的倫理の弱いところに,家長が外との関係を軸にして家の論理を主導するという上述の特色を規定する要因ともなった。【義江 彰夫】
[近世]
 中世までの家は一門・一流・家門などと呼ばれる広い範囲の血族団体を指していたが,近世になるとそれらは分解して,通常は世帯を一つにする血族団体を指すようになった。すなわち当主とその配偶者と直系血族である。…

※「一流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一流の関連情報