コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵槍 かぎやり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍵槍
かぎやり

槍の一種で、柄(え)の上部に鍵の形をした鉄製の横手(よこて)を着装したものをいう。直槍(すやり)の技術の進歩に伴い、その対抗策として考案されたもので、敵の槍をからめ落としたり、ひっかけて倒すのに効果的であったので、一時大いに流行した。鍵槍を主とする流派は、樫原(かしわら)流、本心鏡智(ほんしんきょうち)流、佐分利(さぶり)流、内海(うつみ)流などが有名で、それぞれ横手の位置やその形状にくふうが凝らされた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鍵槍の言及

【槍術】より

…戦国時代以降,急速に上級武士の間に用いられるようになり,槍の種類も多くなった。素槍(すやり)のほかに,片鎌槍,十文字槍など多くの種類をもつ鎌槍,鍵槍,管槍(くだやり)などが加わり,これが槍の四つの基本形式といえる。槍の普及とともに槍術も大いに進歩し,安土桃山時代ころから流派も続出した。…

※「鍵槍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鍵槍の関連キーワード本心鏡智流梅田杢之丞石野伝一宝蔵院流佐分利流穴沢流内海流離相流樫原流槍術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android