コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵槍 かぎやり

1件 の用語解説(鍵槍の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍵槍
かぎやり

槍の一種で、柄(え)の上部に鍵の形をした鉄製の横手(よこて)を着装したものをいう。直槍(すやり)の技術の進歩に伴い、その対抗策として考案されたもので、敵の槍をからめ落としたり、ひっかけて倒すのに効果的であったので、一時大いに流行した。鍵槍を主とする流派は、樫原(かしわら)流、本心鏡智(ほんしんきょうち)流、佐分利(さぶり)流、内海(うつみ)流などが有名で、それぞれ横手の位置やその形状にくふうが凝らされた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鍵槍の言及

【槍術】より

…戦国時代以降,急速に上級武士の間に用いられるようになり,槍の種類も多くなった。素槍(すやり)のほかに,片鎌槍,十文字槍など多くの種類をもつ鎌槍,鍵槍,管槍(くだやり)などが加わり,これが槍の四つの基本形式といえる。槍の普及とともに槍術も大いに進歩し,安土桃山時代ころから流派も続出した。…

※「鍵槍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone