コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺の油 カバノアブラ

デジタル大辞泉の解説

かば‐の‐あぶら【×樺の油】

シラカバの樹皮などを乾留したのちに蒸留して得られる芳香油。新しいものは黄色透明で、皮革の仕上げや消毒剤に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かばのあぶら【樺の油】

白樺しらかばの樹皮などを乾留してつくった芳香油。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

樺の油の関連キーワードシラカバ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android