橈側皮静脈(読み)とうそくひじょうみゃく(英語表記)cephalic vein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橈側皮静脈
とうそくひじょうみゃく
cephalic vein

上肢の皮静脈の一つ。手背の皮静脈が集って,前腕の外側 (すなわち橈側) を上行し,次に上で外側上腕二頭筋溝および三角筋溝を上り,鎖骨の下で小胸筋の上縁を越えて腋窩静脈に入る。肘のところの正中皮静脈や,尺側皮静脈とともに,静脈内注射をしたり採血したりする際によく選ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android