コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘を タチバナヲ

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐を【×橘を】

[枕]橘の木を守るために番人を置く意から、地名の「守部(もりべ)」にかかる。
「―守部の里の門田早稲(かどたわせ)」〈・二二五一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちばなを【橘を】

( 枕詞 )
橘を守る守部(=番人)の意から、地名「守部」にかかる。 「 -守部の里の門田早稲/万葉集 2251

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

橘をの関連キーワード市村 羽左衛門(15代目)江南の橘,江北の枳となる三遊亭 円橘(5代目)立花家 千橘(3代目)三遊亭 万橘(3代目)三遊亭 円橘(3代目)市村 吉五郎(2代目)三遊亭 円橘(2代目)三遊亭 萬橘(2代目)田中舘愛橘記念科学館三遊亭小円朝(3代)尾上菊五郎(5代)mandarim市村羽左衛門橘家 文三在り立つ常世の国田道間守元正天皇垂仁天皇

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

橘をの関連情報