番人(読み)ばんにん

精選版 日本国語大辞典「番人」の解説

ばん‐にん【番人】

〘名〙
をする人。
山鹿語類(1665)二一「凡そ人の可出の口、人の往来の道、人の相会する所、皆以て番人を置いて変を守らしむべし」
※都繁昌記(1837)乞食「其各街抱関の、俗番戸番太番人と呼ふ者亦皆彼命する所」
③ 明治六年(一八七三)一月、東京府に置かれ、公衆の保護と犯人検挙に当たった。同七年一月、東京警視庁創設により巡査となる。また、東京以外にも番人の名称が用いられる地方があったが、明治八年三月、邏卒(らそつ)に統一され、同年一〇月、巡査と改称された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の番人の言及

【番太郎】より

…江戸時代の町や村に置かれた番人のこと。番人を番太と呼ぶことは各地に広く見られるが,番太郎の称はこの番太から転じたものと考えられる。…

※「番人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android