番人(読み)バンニン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 番をする人。
※山鹿語類(1665)二一「凡そ人の可出の口、人の往来の道、人の相会する所、皆以て番人を置いて変を守らしむべし」
※都繁昌記(1837)乞食「其各街抱関の奴、俗番戸番太番人と呼ふ者亦皆彼命する所」
③ 明治六年(一八七三)一月、東京府に置かれ、公衆の保護と犯人の検挙に当たった職。同七年一月、東京警視庁創設により巡査となる。また、東京以外にも番人の名称が用いられる地方があったが、明治八年三月、邏卒(らそつ)に統一され、同年一〇月、巡査と改称された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の番人の言及

【番太郎】より

…江戸時代の町や村に置かれた番人のこと。番人を番太と呼ぶことは各地に広く見られるが,番太郎の称はこの番太から転じたものと考えられる。…

※「番人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番人の関連情報