コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘奈良定 たちばなのならさだ

1件 の用語解説(橘奈良定の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

橘奈良定

 重源[ちょうげん]とともに得地保[とくじのほ]に入り、山行事職[やまぎょうじしき]として木材の検査係をしていました。東大寺再建後は徳地に住み、子孫は「奈良定」と名乗っていました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橘奈良定の関連キーワード俊乗房承元調弦長元現地保護町間俊乗坊重源重源上人得地市得地保

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone