コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘奈良定 たちばなのならさだ

防府市歴史用語集の解説

橘奈良定

 重源[ちょうげん]とともに得地保[とくじのほ]に入り、山行事職[やまぎょうじしき]として木材の検査係をしていました。東大寺再建後は徳地に住み、子孫は「奈良定」と名乗っていました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android