コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳地 とくぢ

2件 の用語解説(徳地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳地
とくぢ

山口県中部,山口市東部の旧町域。佐波川の上流部にある。北東で島根県に接する。1955年出雲村,八坂村,柚野村,島地村,串村の 5村が合体して町制。2005年山口市,秋穂町,小郡町,阿知須町の 1市3町と合体して山口市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳地
とくぢ

山口県のほぼ中央部、佐波(さば)郡にあった旧町名(徳地町(ちょう))。現在は山口市の東部を占める地域。旧徳地町は、1955年(昭和30)出雲(いずも)、八坂(やさか)、柚野(ゆの)、島地(しまじ)、串(くし)の5村が合併して成立。2005年(平成17)山口市と合併。これにより佐波郡は消滅した。佐波川の中・上流を占め、農林業が盛んな地域。中世「得地(とくじ)」と称した国衙(こくが)領で、東大寺再建の用材を伐(き)り出した杣(そま)山地帯として知られた。当時杣人(そまびと)が利用した「野谷(のたに)の石風呂(いしぶろ)」、木材搬出用の「佐波川関水(せきみず)」は国の史跡に指定されている。近世は防長和紙の主産地であった。現在では滑山(なめらやま)国有林が良質のアカマツ材を産出する。島地にある月輪(がちりん)寺薬師堂は県下最古の平安末期の建造物で国の重要文化財。佐波川と島地川の合流部にある堀(ほり)は旧町時代は役場が置かれ、現在は山口市徳地総合支所の所在地で、ここを国道376号が東西に通じ、国道489号が分岐し、さらに中国自動車道の徳地インターチェンジも設置されている。佐波川中流の大原湖や長者ヶ原一帯は県立自然公園。長者ヶ原には国立青少年自然の家がある。[三浦 肇]
『『徳地町史』(1975・徳地町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳地の関連キーワード山口県山口市葵山口県山口市春日町山口県山口市亀山町山口県山口市陶山口県山口市天花徳地〈町〉山口県山口市徳地船路山口県山口市中尾山口県山口市東山山口県山口市古熊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳地の関連情報