コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘岷江 たちばな みんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘岷江 たちばな-みんこう

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
はじめ京坂にすみ,のち江戸にうつる。鈴木春信風の美人画をかき,明和7年(1770)絵本「彩画職人部類」に吹きぼかしで彩色を工夫。絵暦摺物(すりもの)「狐の嫁いり」,洒落(しゃれ)本「郭中奇譚」の挿絵などがある。名は正敬別号に珉江,玉樹軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android