彩色(読み)サイシキ

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐し・く【彩色】

〘他カ四〙 (名詞「さいしき(彩色)」を活用させた語) 色彩をつける。いろどる。えどる。化粧する。
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「御顔は色々にさいしきたまて、鏡に写れる影を見たまては」
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「家をさいしく絵のぐふで、くまふで」
[語誌]漢語熟語の動詞化とされる語には他に「装束(さうぞ)く」「騒動(さうど)く」「料理(れう)る」などがある。「彩色く」は抄物などにも多く見え、近世までみられた。

さい‐しょく【彩色】

〘名〙 (「しょく」は「色」の漢音) =さいしき(彩色)
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「扨其上彩色(サイショク)をも加へて、見場のよい様にするがよろしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android