コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州安定メカニズム おうしゅうあんていめかにずむEuropean Stability Mechanism

知恵蔵の解説

欧州安定メカニズム

ユーロ圏の財政危機に陥った国の支援を目的とし、2012年7月に設立が予定されている通貨ユーロの安定化をはかる機関。略称はEuropean Stability Mechanismの頭文字からESMと呼ばれる。ESM設立により、それまでユーロ圏の諸国の財政難に対応して財政支援をはかっていた欧州金融安定基金(EFSF、European Financial Stability Facility)は、ESMに移管される。
ギリシャは膨大な財政赤字が発覚して、欧州ソブリン危機を引き起こすほどの状況に陥った。このため、ギリシャはユーロ圏や国際通貨基金(IMF)に対する支援を要請。これに際して10年5月にEFSFが発足した。債務不履行の懸念により、事実上金融市場から締め出されたユーロ圏の財政難の国の国債に代わって、EFSFが発行する債券で資金を調達する仕組み。EFSFが発行する債券は、加盟各国が応分の保証を負担するため高い信用力を得ることができる。この資金で、財政危機に陥った国に融資を行うとともに、財政再建の支援を行う。当該国家の財政難を支援し、緊縮財政策などを行うことで金融危機を脱し、ユーロ圏全体の金融安定化を図ることが目的。
2012年現在、ユーロ圏内で財政危機に陥り支援を要請している国は、ギリシャのほか、アイルランド、ポルトガル。スペインの銀行部門も、資金増強が迫られている。EFSFでは各国財務相からなるユーログループの全会一致の承認を要することなどから、より柔軟で恒久的な危機対応の機関として、IMFの欧州版とも言われるESMを立ち上げ、欧州連合(EU)の財政統合へのステップを進めていく予定である。
なお、EFSF保証負担額の3割弱を負担するドイツが批准しない限り、ESMの稼働はできない。設立日程をにらんで、ドイツ連邦議会の野党勢力の動向やドイツ憲法裁判所の判断が注目されている。

(金谷俊秀  ライター / 2012年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欧州安定メカニズム
おうしゅうあんていめかにずむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

欧州安定メカニズムの関連キーワードギリシャ経済危機(2015年)EFSM

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

欧州安定メカニズムの関連情報