コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正田錦江 しょうだ きんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正田錦江 しょうだ-きんこう

?-? 江戸時代前期の俳人。
近江(おうみ)大津の人。夫の正心とともに松尾芭蕉(ばしょう)に師事した。同郷河合智月と交流したとおもわれる。作品は与謝蕪村(よさ-ぶそん)編の「玉藻集」におさめられている。大津尼錦紅ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正田錦江の関連キーワード万里女錦江俳人近江