大津(読み)おおつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大津
おおつ

北海道南東部,十勝川河口にある豊頃町の集落。旧村名。 1955年豊頃町に編入。十勝地方太平洋岸におけるサケ定置網漁業の中心地。 1905年,釧路-帯広間の釧路線 (現在の JR根室本線) が全通するまで,外洋航路と十勝川の水運の中継地として栄えた。

大津
おおつ

茨城県北東端,北茨城市東部の漁業集落。旧町名。 1956年近隣町村と合体して北茨城市となった。東よりに岩石海岸で風景に恵まれた五浦 (いづら) 海岸があり,花園花貫県立自然公園に属する。岡倉天心創立の日本美術院跡は,茨城大学五浦美術研究所となっている。

大津
おおつ

高知県中部,高知市中東部の地域。旧村域。 1972年高知市に編入。宅地化が進み,食品工場が進出。紀貫之の『土佐日記』に舟出の地,国府外港と記されているが,現在は干拓されて JR土讃線,国道が通る内陸となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつ〔おほつ〕【大津】

滋賀県南西部の市。県庁所在地琵琶湖の南西岸にあり、市域はL字状をなす。天智天皇大津宮が置かれたという地。古くから水陸交通の要地で、東海道中山道北陸道宿駅、また園城寺三井寺)の門前町として発展。江戸時代は幕府直轄地。石山寺延暦(えんりゃく)寺などの古社寺や史跡が多い。平成18年(2006)3月、志賀町を編入。人口33.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつ【大津】

◇ 滋賀県南西部、琵琶湖南西岸にある市。県庁所在地。古くから水陸交通の要地、近世、東海道・中山道・北陸道を集める宿場町、園城寺おんじようじの門前町として発展。大津京跡・膳所ぜぜ城跡・義仲寺などがある。
土壁の上塗りに用いる土の一種。大津で産した白土(白大津・江州白)を主に用いたことからいう。ほかに京都や淡路島産の浅黄大津などがある。 → 大津壁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕大津(おおつ)


茨城県北茨城(きたいばらき)市北部の地区名。大津町が1956年(昭和31)に近隣2町3村と合併、北茨城市となる。現在、町名および町名冠称として残る。大津港は沿岸・近海漁業の基地。東端に岡倉天心(おかくらてんしん)らが1906年(明治39)に日本美術院を移転した景勝地の五浦(いづら)海岸がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津の関連情報