此中(読み)このじゅう

精選版 日本国語大辞典「此中」の解説

この‐じゅう ‥ヂュウ【此中】

〘名〙
① =このごろ(此頃)①〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「此中は御ぶさた、お留主何事なく珍重にまする」
② 近い過去の漠然としたある時点。せんだって。さきごろ。先日。過日
※虎明本狂言・雁盗人(室町末‐近世初)「此中某が事に色々きもをいらせられて、御地走なされたるを、ふるまふて下りたひと思ふ」

こん‐じゅう ‥ヂュウ【此中】

〘名〙 (「このじゅう」の変化した語) ちかごろ。このあいだ。
洒落本通言総籬(1787)一「こんぢう我物(がぶつ)が香角(きょうかく)まぜで、二ばんまけたそうさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android