コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武夷岩茶 ぶいがんちゃ

1件 の用語解説(武夷岩茶の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ぶいがんちゃ【武夷岩茶】


ウーロン茶の一種で、中国南東部の福建省北西部にある武夷山の岩肌に生育する茶樹の葉を用いたもの。茶葉には岩肌から吸い上げられたミネラル分が多く含まれる。蘭のような香りと、甘くまろやか味わいが特徴。生産量が少なく高級茶として知られる。◇「岩茶」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武夷岩茶の言及

【武夷山脈】より

…杉,松,クスなど用材に富み,漆,松脂の産出も多い。また名茶の産地でもあり,武夷岩茶,ウーロン茶は最高級品として有名である。【林 和生】。…

※「武夷岩茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武夷岩茶の関連キーワードウーロン茶烏竜茶ジャスミン茶烏竜ハイギャバロン茶烏龍チューハイ包種茶ウーロン茶(烏竜茶)凍頂ウーロン茶鳳凰ウーロン茶

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武夷岩茶の関連情報