コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武夷山 ぶいさん

百科事典マイペディアの解説

武夷山【ぶいさん】

中国江西省と福建省境界に位置する山脈。標高2158mの黄崗山は中国東南部の最高峰。長江水系などの大河分水嶺であることと,年間2000mmという多雨地帯であることによって,独特の美しい景観が生み出され,古来景勝地として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

ぶいさん【武夷山】

1999年に登録された中国の世界遺産(複合遺産)。福建省にある黄崗(おうこう)山(標高2158m)を中心とする山系の総称で、特定の一つの山を指す名称ではない。黄崗山を中心にした武夷山風景区と武夷山国家自然保護区を含む一帯が世界遺産に指定されている。武夷山風景区は亜熱帯と温帯に属するため、冬も温暖で、非常に多くの動物が生息しており、植物の種類も豊かで、450種以上の脊椎動物、5000種以上の昆虫、2500種以上の植物が確認されている。また、この一帯は滝や渓流、渓谷が美しく、玉女峰や大王峰をはじめとする36の峰々が両岸に屹立する名勝として知られ、磨崖仏や詩碑なども多く残っている。◇英名はMount Wuyi。武夷山は中国語でウイシャンと発音する。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武夷山
ぶいさん

ウーイー(武夷)山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武夷山
ぶいさん / ウーイーシャン

中国、福建(ふっけん)省北西部の県級市。崇陽渓(すうようけい)上流域の武夷山脈南麓に位置する。武夷山脈は本市域でもっとも高く、最高の黄崗山(こうこうさん)は2158メートルで、江西(こうせい)省鉛山(えんざん)県との境界にあたる。南平(なんへい)地級市に属する。人口24万0555(2015)。古くから武夷山脈の分水関を経て江西省上饒(じょうじょう)市方面に通じる交通の要地で、峰福線(上饒市横峰(おうほう)―福州(ふくしゅう))のほか、合福高速鉄道(合肥(ごうひ)―福州)も通じる。市街近郊には軍民共用の武夷山空港がある。宋(そう)代以来崇安(すうあん)県とよばれていたが、1989年武夷山市となった。市政府所在地は崇安街道。
 1300年の歴史をもつ茶園地帯で、「武夷岩茶(ウーイーイエンチャー)」の名で全国に知られている。市内には無煙炭の炭鉱があり、水力発電所も建設された。食糧生産は水稲を主とする。林産物はマツ、スギ、タケを主に、松脂(まつやに)、タケノコ、シイタケを産し、製茶のほか紙漉(す)きも行われる。
 本市と光沢(こうたく)県、建陽(けんよう)区の間にある武夷山自然保護区は、1979年国際生物圏保護ネットワークの重点自然保護区に選ばれた。面積566平方キロメートル。黄崗山などの山岳を含み、きわめて多くの生物種の生存が確認されている。1999年には世界遺産の複合遺産(文化、自然の両方の価値がある遺産)として登録されている(世界複合遺産)。[河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の武夷山の言及

【武夷山脈】より

…主峰の黄崗山は標高2158mで,福建省崇安県の北西にある。崇安県の南西にある武夷山(約600m)は福建省第一の名山として知られる。周囲は渓谷でかこまれ,その景観は〈渓曲三三水〉(つまり九曲渓),〈山環六六峰〉(つまり三六峰)と称される。…

※「武夷山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武夷山の関連キーワードシエンシヤリン(仙霞嶺)山脈シャンリン(杉嶺)山脈チャンティン(長汀)県カンチョウ(贛州)地区サンミン(三明)特別市ロンイエン(竜岩)地区フーチョウ(撫州)地区シャンラオ(上饒)地区シャンラオ(上饒)市トンナン(東南)丘陵チョンアン(崇安)県ロイチン(瑞金)県ウーイーシャンティン(汀)江ミン(閩)江フー(撫)河カン(贛)江シン(信)江江西(省)福建(省)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android