コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歪楕円体(読み)ひずみだえんたい(英語表記)strain ellipsoid

岩石学辞典の解説

歪楕円体

歪を受けない球状物体は,均質な弾性歪によって変形して,一般的に楕円体の形となる.多くの研究者は歪楕円体を変形の範囲を超えて拡張して用いている.楕円体の互いに直交する軸をA, B, Cとすると,A軸が最も長く,C軸が最も短く,B軸はもとの球の軸と同じ程度である[Sander : 1930, Fairbairn : 1935].変形楕円体(deformation ellipsoid)と同じ.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android