コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死後認知 シゴニンチ

デジタル大辞泉の解説

しご‐にんち【死後認知】

結婚していない男女の間に生まれた子を男性が認知しないまま死亡した場合、父子関係を成立させるための制度。死後3年以内なら認知請求訴訟を提起できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

死後認知

民法では、親の死亡から3年以内であれば子は認知(死後認知)の訴えを起こすことができると定めている。検察官を相手として訴える。審理内容は血縁的な親子関係の有無。関係者を対象にしたDNA鑑定や証言などをもとに総合的に判断される。原告の名誉回復や相続権の確保など、訴えの目的は多様だ。最高裁によると、死後認知を含む認知、認知の無効及び取り消しの訴えは、昨年までの5年間で年252~276件。

(2016-08-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

死後認知の関連キーワード認知の訴えDNA鑑定民法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android