コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死者にかかってきた電話

1件 の用語解説(死者にかかってきた電話の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

死者にかかってきた電話

英国の作家ジョンル・カレスパイ小説(1961)。原題《Call for the Dead》。1967年シドニールメット監督で映画化(邦題『恐怖との遭遇』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

死者にかかってきた電話の関連キーワード影の巡礼者昨日のスパイスパイの家系スマイリーと仲間たちティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイドイツの小さな町ナイト・マネージャーパナマの仕立屋パーフェクト・スパイわれらのゲーム

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone