遭遇(読み)そうぐう

精選版 日本国語大辞典「遭遇」の解説

そう‐ぐう サウ‥【遭遇】

〙 思いがけず、めぐり合うこと。不意に出会うこと。であい。
※南郭先生文集‐二編(1737)六・送矢子復序「孔子之徒、雖然徳行文学固成其具
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「人間を再び見るべき機会に遭遇したのである」 〔漢書‐楊惲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遭遇」の解説

そう‐ぐう〔サウ‐〕【遭遇】

[名](スル)不意に出あうこと。偶然にめぐりあうこと。「山中遭遇する」「事件現場に遭遇する」
[類語]際会逢着会う出会う出くわす行き合う巡り合う出会しゅっかい邂逅かいこう鉢合わせ来合わせる再会一期一会居合わせる通り合わせる乗り合わせる出会い一緒になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android