段平(読み)ダンビラ

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐びら【段平】

〘名〙 (「だびらひろ(太平広)」の変化した語。「だんぴら」とも) 刀身の幅の広いこと。また、その刀。だんびらもの。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)三「透間に切込むだんびらに眉間をわられて頭転倒(づでんだう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報