眉間(読み)まゆあい

精選版 日本国語大辞典「眉間」の解説

まゆ‐あい ‥あひ【眉間】

〘名〙 と眉のあいだ。みけん。まよあい。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)職人尽し「百嶋がまゆあひを、割れてのけとはったと打つ」

み‐けん【眉間】

〘名〙 眉と眉との間の部分。また、額(ひたい)の中央。ひたい。
※正倉院文書‐神亀三年(726)山背国愛宕郡雲上里計帳「出雲臣僧、年拾弐歳、小子、眉間墨子」

び‐かん【眉間】

〘名〙 まゆとまゆとの間。みけん。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「入り来る客を見るより喜色は忽ち眉間(ビカン)に上りぬ」

まい‐あい ‥あひ【眉間】

〘名〙 「まゆあい(眉間)」の変化した語。
※両足院本山谷抄(1500頃)一「利欲に依て人のまいあいを守てついしょうをしまわるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「眉間」の解説

まみ‐あい〔‐あひ〕【間/眉相】

みけん。「―にしわを寄せる」
まゆ。
女郎の―は、立花にていはばひかへの様なる物なり」〈ひとりね・上〉

まゆ‐あい〔‐あひ〕【眉間】

眉と眉との間。みけん。
「異形は手をのべ、百島が―を、割れてのけとはったと打つ」〈浄・用明天王

み‐けん【眉間】

まゆと眉との間。額の中央。「眉間のしわ」
[類語]おでこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「眉間」の解説

みけん【眉間】

左右のまゆ(眉)の間にはさまれた平らな場所をいう。生体では,皺眉筋(すうびきん)という表情筋のために,著しいしわができることがある。骨格では,前頭骨の眉(び)隆起の間にはさまれる部分で,人体計測点の一つであり,頭長の基点をなす。【藤田 恒太郎】【藤田 恒夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「眉間」の解説

【眉間】びかん

両眉の間。〔呉越春秋、王僚使公子光伝〕(伍)子胥(ししよ)に之(ゆ)く。乃ち被髮佯狂(やうきやう)す。~王僚、其のなるを怪しむ。の長(たけ)一十圍、眉一尺。王僚與(とも)に語ること三日、辭、復する無し。王曰く、賢人なりと。

字通「眉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の眉間の言及

【ひたい(額)】より

…《和玉篇(わごくへん)》では顙(そう),(せん),(つい),題(てい)をひたいのこととしているが額をあげていない。だが《和名類聚抄》では額を比太比と読ませて,これを東斉では顙といい幽州では顎(がく)というと述べており,《和漢三才図会》も額(がく)は顙や顎と同じだとして,人の眉間(みけん)の間が顔で髪際の前が額だと説明している。なお,ここであごは顎でなく〈頷(がん)〉である。…

※「眉間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android