コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眉間/眉相 マミアイ

デジタル大辞泉の解説

まみ‐あい〔‐あひ〕【間/眉相】

みけん。「―にしわを寄せる」
まゆ。
「女郎の―は、立花にていはばひかへの様なる物なり」〈ひとりね・上〉

まゆ‐あい〔‐あひ〕【眉間】

眉と眉との間。みけん。
「異形は手をのべ、百島が―を、割れてのけとはったと打つ」〈浄・用明天王

み‐けん【眉間】

眉(まゆ)と眉との間。額の中央。「眉間しわ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みけん【眉間】

左右のまゆ()の間にはさまれた平らな場所をいう。生体では,皺眉筋(すうびきん)という表情筋のために,著しいしわができることがある。骨格では,前頭骨の眉(び)隆起の間にはさまれる部分で,人体計測点の一つであり,頭長の基点をなす。【藤田 恒太郎】【藤田 恒夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びかん【眉間】

まゆとまゆとの間。みけん。 「揚々として得意の色-に溢る/日光山の奥 花袋

まゆあい【眉間】

眉と眉との間。みけん。

みけん【眉間】

まゆと眉との間。額の中央。 「 -にしわを寄せる」 「 -を割られる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の眉間/眉相の言及

【ひたい(額)】より

…《和玉篇(わごくへん)》では顙(そう),(せん),(つい),題(てい)をひたいのこととしているが額をあげていない。だが《和名類聚抄》では額を比太比と読ませて,これを東斉では顙といい幽州では顎(がく)というと述べており,《和漢三才図会》も額(がく)は顙や顎と同じだとして,人の眉間(みけん)の間が顔で髪際の前が額だと説明している。なお,ここであごは顎でなく〈頷(がん)〉である。…

※「眉間/眉相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

眉間/眉相の関連キーワード向こう傷・向こう疵コラーゲン注射法八の字を寄せる時桔梗出世請状早乙女主水之介眉をしかめる道寂(2)眉間白毫相クラピナ人旗本退屈男ベイジョーパグ[種]睨め付ける多聞山城藍田原人サイナス瘢痕文身羽ぶくらうねくる眉間の光

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android