コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛祭(り) ケマツリ

1件 の用語解説(毛祭(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

け‐まつり【毛祭(り)】

猟師が獲物を捕ったあとで行う山の神の祭り。毛祝(けほがい)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の毛祭(り)の言及

【毛】より

…また獣や家畜の毛についてもさまざまな風習や俗信が行われている。たとえば,東日本では狩りの後に〈毛祭〉といって,捕った獣のひざ,つま先,耳などの毛を抜いて串(くし)にはさみ,山の神に供える風習がある。マタギの間には〈毛ボカイ〉といって,カモシカやクマを捕らえると,はいだ毛皮を獲物の上に反対にかけ唱言をして引導をわたす風習もある。…

※「毛祭(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone