祭事(読み)さいじ

精選版 日本国語大辞典「祭事」の解説

さい‐じ【祭事】

〘名〙 まつりの行事。まつり。神事。かみごと。
※延喜式(927)二三「凡諸社神主、禰宜、祝者、択八位以上及六十以上堪祭事之」 〔周礼‐春官・亀人〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「祭事」の解説

【祭事】さいじ

祭祀。事もまつり。〔礼記、曲礼下〕にして年登(みの)らざるときは、君の肺臓)を祭らず、馬にらはしめず、(ちだう)除(はら)はず、祭事に縣(楽)せず。大夫は(あは)をらはず。

字通「祭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android