コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛茸 モウジョウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐じょう【毛×茸】

植物の表皮細胞が突出したもの。(け)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうじょう【毛茸】


出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の毛茸の言及

【毛】より

…ゾウリムシやツリガネムシなどの原生動物,ゴカイやハマグリの幼生(トロコフォラtrochophora)は体表にある多数の繊毛をあたかも風になびく稲穂波のように動かして水中を遊泳する。【笹川 満広】
【植物の毛】
 高等植物の体の表面に生じた毛状の付属物のうち,表皮系起源の構造の総称で,毛茸(もうじよう)trichomeともいう。植物のあらゆる器官にさまざまの形状でみられるが,種属によって同類の毛をもつことが多いので,植物の分類のよい指標となり,類型化を含めて毛の研究は植物の種属史的な観察,記載を軸にして発展してきた。…

※「毛茸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛茸の関連キーワードストック(アブラナ科)ヨロイゴケ(鎧苔)ヘテロセントロンブライアープリムラ植物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android