毛馬きゅうり

デジタル大辞泉プラスの解説

毛馬きゅうり

大阪府和泉市で生産されるキュウリ。実の上三分の一ほどが緑色、残りは淡緑白色から黄味がかった色合いとなる黒いぼキュウリで、長さは約30cmになる。歯ごたえがよく加熱調理にも向く。江戸時代から栽培されており、粕漬けなどに加工された。大阪では「なにわ伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android