コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝統野菜 でんとうやさい

6件 の用語解説(伝統野菜の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

伝統野菜

ヘルシー志向、安全志向の高まりと共に、勢いを強める野菜ブーム。京野菜や加賀野菜など、産地名を改めて冠することでおいしさをアピールする伝統野菜(ご当地野菜)が一種のブランド的な人気を博す一方、スーパーなどに大量かつ廉価に出回る輸入野菜は農薬の残留が危惧されている。野菜にも高級化と価格破壊、あるいは伝統野菜と新顔野菜の二極化現象が見受けられる。10年前は入手しにくかった洋野菜(アンディーブズッキーニルコラなど)、中国野菜(青梗菜、豆苗、韮黄、空心菜など)、新鮮なハーブ類(バシルローズマリーミントなど)もすっかり普及し、お馴染みジャガイモタマネギも品種を増やしている。最近の新顔野菜では、スプラウト(新モヤシエンドウ、小豆、レンズ豆などの豆類、トウモロコシブロッコリー、胡麻、蕎麦や麦などの雑穀を発芽させた小さな野菜)が注目される。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伝統野菜

古くから地域で作られてきた在来種の野菜。地域の風土や生活に密接に結びつき、生産されてきた。県内には奥越さといも、木田ちそ、谷田部ねぎなど23種類の伝統野菜がある。しかし、生産農家の減少で絶滅寸前の種もあり、継承が課題となっている。生産振興や消費拡大を目指し、生産者や自治体などが2011年、「伝統の福井野菜振興協議会」を設立。伝統野菜の料理教室や啓発活動、生産者との交流ツアーなどの活動をしている。

(2017-01-19 朝日新聞 朝刊 福井全県・1地方)

伝統野菜

古くから地域で作られてきた在来種の野菜。地域の風土や生活に密接に結びつき、生産されてきた。県内には奥越さといも、木田ちそ、谷田部ねぎなど23種類の伝統野菜がある。しかし、生産農家の減少で絶滅寸前の種もあり、継承が課題となっている。生産振興や消費拡大を目指し、生産者や自治体などが2011年、「伝統の福井野菜振興協議会」を設立。伝統野菜の料理教室や啓発活動、生産者との交流ツアーなどの活動をしている。

(2017-01-19 朝日新聞 朝刊 福井全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんとう‐やさい【伝統野菜】

その地域で古くから栽培されてきた在来種の野菜。日本では、京野菜加賀野菜江戸野菜などがある。在来野菜

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝統野菜
でんとうやさい

特定の地域や場所で古くからつくられてきた野菜。同じ地域で長く採取を繰り返し、寒さや暑さといった気候条件や虫害などに耐えるうちに、その土地での生育に適応してきた品種であり、限定された地域内では、安定した収穫が期待できる。香り、えぐみ、苦味、甘味といった風味をはじめ、形も独特になったものが多い。野菜にはもともと全国各地に固有の品種がみられたが、1960年代なかばごろから効率的に周年安定生産できるような品種への改良が進んだため、地域固有の品種は生産量が激減した。
 しかし近年、味に特徴があり、郷土料理や土産物(みやげもの)として使われるなど地域の食文化との関連も深いために食材としての付加価値が高く、話題性もあることから、中小規模の農家などで伝統野菜に対する関心が高まっている。京野菜(京都府)や加賀野菜(石川県)、なにわの伝統野菜(大阪府)、飛騨・美濃(ひだみの)伝統野菜(岐阜県)などが有名である。東京近辺では、大正期以前につくられていた伝統野菜を、JA東京中央会が2011年(平成23)に「江戸東京野菜」として商標登録し、練馬大根や馬込三寸人参(まごめさんすんにんじん)など、およそ30品種を認証している。伝統野菜としては、ダイコンだけでも、京都の聖護院(しょうごいん)大根、東京の細長い練馬大根、加賀(石川県)の煮物に適した源助(げんすけ)大根、宮崎県産で赤紫と白の2種類がある糸巻き大根など、多様な品種がみられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝統野菜の関連情報