民間給与実態統計調査(読み)ミンカンキュウヨジッタイトウケイチョウサ

デジタル大辞泉の解説

みんかんきゅうよ‐じったいとうけいちょうさ〔ミンカンキフヨジツタイトウケイテウサ〕【民間給与実態統計調査】

国税庁が民間の事業所を対象に毎年実施する、給与に関する標本統計調査。給与の実態を明らかにし、租税収入の見積もりや税制の資料に用いる。調査結果として、企業規模・業種・性別・年齢層・勤続年数等の区分ごとの給与分布などが示される。昭和24年(1949)開始。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民間給与実態統計調査の関連情報