気強(読み)きづよ

  • きづよ・い

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙 気が強いさま。
※文明本節用集(室町中)「気強 キヅヨ」
※滑稽本・和合人(1823‐44)初「ハア筏士(いかだし)といふものは気強(キヅヨ)な物だノウ」
〘形口〙 きづよ・し 〘形ク〙
① 気丈である。勇気があって少々の危険などは恐れない。剛気である。雄々しい。強気である。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「きづよういさむ詞の中、なみだにむせていひさせり」
② 情にほだされない。つれない。冷酷である。
※歌舞伎・絵本合法衢(1810)序幕「気強(キヅヨ)いは姉様、この国へござんしたなら、せめて立ちながらも、便り音信をなさんせぬは、あんまり心強いわいな」
③ 頼もしく心強い。安心である。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「幾分か気強(キヅヨ)いのは、地所と我住むでゐる家作と、外に株券が少しばかり」
きづよ‐げ
〘形動〙
きづよ‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android