コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気管支造影 きかんしぞうえい bronchography

1件 の用語解説(気管支造影の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きかんしぞうえい【気管支造影 bronchography】

気管支の中に造影剤を流し込んでX線造影を行うこと。ふつうの胸部X線写真では,気管支は明りょうに写らない。しかし,この方法を用いると,気管支を明確に造影することができる。使用造影剤は,X線吸収度が大きく,気管支粘膜に密着するが,吸収されず,造影後は速やかに痰として排出可能な物質がよく,一般には水溶性造影剤が用いられた。しかし,その後,造影剤が発売中止となったうえ,現在ではCTスキャン法により,肺を含め,胸部の病変が詳細に描出されるため,この気管支造影法はほとんど行われなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気管支造影の関連キーワード気管支気管支炎気管支喘息気管支肺炎造影剤硫酸バリウム気管支鏡竹流し気管支拡張気管支炎 (bronchitis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone