コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造影剤 ぞうえいざいcontrast media

6件 の用語解説(造影剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造影剤
ぞうえいざい
contrast media

骨や臓器内のガスなどは別として,人体内の臓器,組織にはX線の吸収率の差がほとんどない。そこで,人工的に吸収差をつけて臓器の形状,運動状況などを明確にするために,造影剤が用いられる。造影剤にはX線吸収率の大きい陽性造影剤とX線吸収率の小さい陰性造影剤とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞうえい‐ざい〔ザウエイ‐〕【造影剤】

X線の透視・撮影の際、臓器などの明確な像を得るために用いる薬品。硫酸バリウムヨード製剤など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

造影剤【ぞうえいざい】

X線造影剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうえいざい【造影剤 contrast medium】

X線造影剤ともいう。X線検査に際し,臓器の内部あるいは周囲に〈X線吸収差の大きくなるような物質〉を与え,目的部位にコントラストをつけて診断を容易にする薬剤をいう。 X線検査は,X線の透過作用と人体を構成する組織の吸収差を利用して行われるが,周囲組織とのX線吸収差が少ない臓器等(食道,胃,胆囊,腎臓,血管など)は,X線像として識別しにくい。そのような場合,造影剤が用いられる。造影剤は,X線発見の翌年の1896年にはシュトラウスH.Straussが次硝酸ビスマス(塩基性硝酸ビスマス)などを用いて消化管造影を試み,1904年にはリーダーH.Riederによって胃X線検査の基礎が完成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうえいざい【造影剤】

X 線写真に現れない器官や、現れにくい病変などについて、目的の部位と周辺とのコントラストをつけ、 X 線診断をしやすくするために用いる薬品。硫酸バリウムなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造影剤
ぞうえいざい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の造影剤の言及

【X線検査】より


[単純撮影法]
 人体を構成する物質の種類,密度,厚さ等により,X線の吸収率は異なる。この性質を利用して人体内部の構造をX線フィルム上に濃度の差として表す方法であり,被検者に対する特別な処置,造影剤等を必要としない。通常のX線検査の大部分はこの単純撮影法であり,胸部,腹部,骨部と幅広く用いられている。…

【診断薬】より

…疾病の診断や臓器の機能検査に用いられる医薬品。X線造影剤,一般検査用試薬,血液検査用試薬,生化学的検査用試薬,免疫血清学的検査用試薬,細菌学的検査用剤,機能検査用試薬およびその他の診断薬に分類される。(1)X線造影剤 消化管の造影には硫酸バリウム製剤が用いられ,その他,血管,気管支,胆囊,子宮・卵管,泌尿器,脊髄,脳室などの造影には各種ヨード製剤が多く用いられている。…

※「造影剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

造影剤の関連情報