コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病変 ビョウヘン

デジタル大辞泉の解説

びょう‐へん〔ビヤウ‐〕【病変】

病気による生体変化

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

びょうへん【病変 lesion】

病気の過程であらわれる生体の局所変化のこと。種々の病因に対して,生体が反応する形式から病気の実態をとらえて,各組織や器官などに共通する法則を見いだし表現する際に用いられる病理学総論上の言葉である。現在,日本で行われている病理学総論では,19世紀から20世紀初頭にかけてドイツ学派によってまとめられた概念が踏襲されている。これは,病気に対する生体の態度が受動的であるか能動的であるかによって病変を大別する立場で,前者を退行性病変,後者を進行性病変とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びょうへん【病変】

病気が原因となって起こる生体の変化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

病変の関連キーワードヘルトヴィヒ‐マジャンディ現象キース‐ワゲナー‐バーカー分類ランドゥジー‐グラセの法則類似リンパ節病変の法則内視鏡的粘膜下層剥離術ブロードベントの法則肺門リンパ節結核シンチスキャナー腎血管性高血圧X線二重造影法冠状動脈硬化症CTスキャナー肋骨カリエス脳血管性疾患パローの法則頭蓋内腫瘤肺尖カタル心臓神経症皮膚瘙痒症嚢腫・囊腫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病変の関連情報