コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水打ち ミズウチ

デジタル大辞泉の解説

みず‐うち〔みづ‐〕【水打ち】

水を打つこと。水をまくこと。
和紙を湿らせて、墨のにじみを防ぐこと。
歌舞伎囃子(はやし)の一。幕開き奴(やっこ)が水を打っている場面に用いることが多いところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずうち【水打ち】

ほこりを静めたり、涼しくしたりするため、地面に水をまくこと。打ち水。
「修羅囃子しゆらばやし」の別名。
墨がにじまないようにするために、書画に用いる和紙に少し水をまくこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水打ちの関連キーワード修羅囃子やっこ三盆白ほこり書画やし囃子別名和紙晒し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水打ちの関連情報