水疱性類天疱瘡(読み)すいほうせいるいてんぽうそう(英語表記)Bullous Pemphigoid

家庭医学館の解説

すいほうせいるいてんぽうそう【水疱性類天疱瘡 Bullous Pemphigoid】

[どんな病気か]
 お年寄りに多い病気で、突然、全身にかゆみをともなう紅斑(こうはん)が出たのちに、かたくて破れにくい大きな水疱(すいほう)がたくさんできます。
 血液中にIgG(免疫(めんえき)グロブリンG)抗表皮基底膜部抗体(こうひょうひきていまくぶこうたい)という自己抗体ができ、それが皮膚の基底膜部に結合して表皮と真皮(しんぴ)がはがれ、表皮下に水疱ができるのです。この自己抗体は、表皮と真皮を接着するヘミデスモソーム(半細胞間橋(はんさいぼうかんきょう))の構成成分(類天疱瘡抗原(こうげん))を抗原ととらえて攻撃することがわかっています。
[検査と診断]
 天疱瘡(「天疱瘡」)と同じ方法で検査します。
 表皮下に水疱がみられ、皮膚や血清中(けっせいちゅう)にIgG抗表皮基底膜部抗体があれば診断がつきます。
[治療]
 天疱瘡(「天疱瘡」)と同様です。軽症の場合はテトラサイクリン剤(1日あたり1500mg)あるいはミノサイクリン剤(1日あたり200mg)とニコチン酸アミド剤(1日あたり1500mg)の併用が有効で、副作用のない方法として注目されています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android