コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水疱 すいほうbulla

翻訳|bulla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水疱
すいほう
bulla

皮膚や粘膜にできる水性物を内容とする発疹で,米粒大までを小水疱,それ以上を水疱という。水性物は血漿由来の成分で,ときに汗であり,またしばしば白血球表皮細胞,ときに赤血球が混じる。肉眼的には緊張性水疱,弛緩性水疱,中心臍窩性水疱に,またできる部位によっては角層下水疱,表皮内水疱,表皮下水疱,真皮内水疱に大別される。内容が膿性であれば膿疱,血性であれば血疱という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

水疱【すいほう】

水疱疹のこと。発疹の一種で俗にみずぶくれとも。皮膚の表層,すなわち表皮の内部(表皮内水疱),表皮と真皮の間(表皮下水疱)などに空間ができ,そこにリンパ液血漿(けっしょう)などの液体がたまったもの。
→関連項目頑癬ぜにたむし鼠径リンパ肉芽腫帯状疱疹中毒疹手足口病とびひ日焼けヘルペス水虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

すいほう【水疱】

皮膚や粘膜の上皮にできる、漿液しようえきを含む発疹。みずぶくれ。水疱疹。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水疱
すいほう

俗にいう「水ぶくれ」で、表皮内もしくは表皮下に組織液がたまって水様に透けてみえるものをいう。米粒大以下のものを小水疱という。熱傷(やけど)による水疱はよく知られているが、ほかにもウイルス性疾患によるものや天疱瘡(てんぽうそう)、疱疹(ほうしん)などがある。これらの水疱を主徴とする疾患を水疱症という。近年、顕微鏡による水疱の観察が著しく進歩し、水疱症の発病経過や仕組みが解明され、診断も詳しく行われるようになってきた。[川村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水疱の言及

【発疹】より

…(3)結節nodule 丘疹より大型の,皮膚の盛り上がった病変で,とくに大型のものを腫瘤tumorともいう。(4)水疱,小水疱vesicle∥bulla 〈水ぶくれ〉で,内容物は透明で黄色調である。解剖学的に水のたまる部位により,表皮角質層下,表皮内,表皮下に分けられる。…

※「水疱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水疱の関連情報