コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水絡繰り/水機関 ミズカラクリ

デジタル大辞泉の解説

みず‐からくり〔みづ‐〕【水絡繰り/水機関】

水の落差を応用して人形を動かしたり、細い管から水を噴き出させたりする仕掛け。また、それを用いた見世物。江戸時代、大坂で考案された。 夏》「さびしさや―の水の音/白水郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android