コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水絡繰り/水機関 ミズカラクリ

1件 の用語解説(水絡繰り/水機関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みず‐からくり〔みづ‐〕【水絡繰り/水機関】

水の落差を応用して人形を動かしたり、細い管から水を噴き出させたりする仕掛け。また、それを用いた見世物江戸時代、大坂で考案された。 夏》「さびしさや―の水の音/白水郎」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水絡繰り/水機関の関連キーワード落差操る応用問題陰で糸を引く片手人形絡繰る差金力点応用花絡繰り