コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永字豆板銀 エイジマメイタギン

デジタル大辞泉の解説

えいじ‐まめいたぎん【永字豆板銀】

江戸時代の銀貨の一。宝永7年(1710)から発行。径1.6センチほどの円盤形で、「宝」と「永」の字の極印がある。宝永永字豆板銀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいじまめいたぎん【永字豆板銀】

1710年に鋳造した豆板銀。形はほぼ円形。中央に「宝」の極印、その上に小さい「永」の添極印が二つある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

永字豆板銀の関連キーワード江戸時代永字銀円形

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android