コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えいとう エイトウ

デジタル大辞泉の解説

えい‐とう

[副]
せっせと仕事にはげむさま。
「―働きゃ随分楽の出来る所だ」〈伎・四千両
芝居で客がどんどん詰めかけるさま。祝うために、久しくの意の「永」と、芝居が当たる意の「当」をあてて「永当」と書くことが多い。
「暮れ六つ時より―、―の御入り有り難う存じまする」〈黄・通一声女暫〉
[感]勢いよく進むときなどの掛け声。
「さらばおしよせませう。―、―、―」〈虎寛狂・米市

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいとう【永当】

( 副 )
興行などで、見物人が大勢つめかけるさま。また、劇場などで、大入りを願う口上の言葉。 「東西東西、-、-」 「四季に絶せぬ見物は-、-又-/洒落本・当世気とり草」 〔「永当」とも書く〕
( 感 )
勢いよく押し進む時のかけ声。 「いづれ劣らぬ老武者ども、切先をそろへてかかりける-、-/狂言・老武者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

えいとうの関連キーワード洒落本御入り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android