四千両小判梅葉(読み)シセンリョウコバンノウメノハ

大辞林 第三版の解説

しせんりょうこばんのうめのは【四千両小判梅葉】

歌舞伎。世話物。通称「四千両」。河竹黙阿弥作。1885年(明治18)東京千歳座初演。江戸城御金蔵破り事件を脚色。入牢体験者に取材した伝馬町牢内の場の、写実的描写が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四千両小判梅葉
しせんりょうこばんのうめのは

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。6幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「四千両」。1885年(明治18)11月、東京・千歳(ちとせ)座で、5世尾上(おのえ)菊五郎の富蔵、3世市川九蔵(くぞう)(後の7世団蔵)の藤十郎により初演。安政(あんせい)年間(1854~60)に実在した江戸城御金蔵破りの事件を脚色。野州無宿の富蔵が旧知の旗本浪人藤岡藤十郎と結んで、首尾よく城内から4000両を盗み出すが、やがて捕らえられて死罪になるまで。度胸のある富蔵と小心な藤十郎の対照的な性格が巧みに描かれ、2人が出会う序幕の「堀端」をはじめ、千両箱を盗んで持ち帰る「藤十郎内」、雪のなかを唐丸籠(とうまるかご)で送られる富蔵が妻子と名残(なごり)を惜しむ「熊谷(くまがい)堤」など、それぞれ見どころがあるが、とくに富蔵が伝馬町大牢(てんまちょうおおろう)の二番役となり、遺恨ある悪党生馬(いきうま)の眼八(がんぱち)に仕返しする「牢内」の場は、もと代言人であった興行師田村成義の資料によって、江戸末期の大牢の風俗を写実的に描写、初演以来評判になっている。大正以後では6世尾上菊五郎の富蔵、初世中村吉右衛門(きちえもん)の藤十郎のコンビが有名だった。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しせんりょうこばんのうめのは シセンリャウ‥【四千両小判梅葉】

歌舞伎脚本。世話物。六幕。河竹黙阿彌作。明治一八年(一八八五)東京千歳座初演。幕末の江戸城内御金蔵破りの事件を脚色したもの。浪人藤岡藤十郎と野州無宿の富蔵とが共謀して、御金蔵を破り、四千両を盗み出したが、後に捕われて死罪になるまでを描く。黙阿彌晩年の世話物の代表作で、特に牢内の場が珍しく、好評を博した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android