汗だく(読み)あせだく

精選版 日本国語大辞典の解説

あせ‐だく【汗だく】

〘形動〙 (「だく」は「だくだく」の略) 汗でびっしょり濡れるさま。また、物事に精を出しているさまにいう。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二五「わが、団扇の様な万寿丸は、豚の様な体を汗だくで、其全速力九ノットを出してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あせ‐だく【汗だく】

[形動]《「汗だくだく」の略》汗があとからあとから流れるさま。汗びっしょりのさま。汗まみれ。「汗だくになって駆けつけた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android