コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池の間 いけのま

デジタル大辞泉の解説

いけ‐の‐ま【池の間】

梵鐘の部分の名。鐘身の中央部で、乳(ち)の間中帯の間にあり、などが刻まれている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の池の間の言及

【梵鐘】より

…また鎌倉時代以後,各乳の間に梵字を配したり,乳のないものもみられる。 乳の間の下のほぼ方形の4区画を池の間(いけのま)といい,奈良時代のものを除いて,ここに銘文を陽鋳または陰刻したものが多い。銘文の代りに仏や菩薩,飛天などを陽鋳したものも少なくない。…

※「池の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池の間の関連キーワードシンシウハイ(星宿海)ジャハーズマハル羽合[町]上条嘉門次黒磯縦帯

池の間の関連情報