コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳の間 チノマ

デジタル大辞泉の解説

ち‐の‐ま【乳の間】

梵鐘(ぼんしょう)の表面上方に乳(ち)が多数並んでいる部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちのま【乳の間】

梵鐘ぼんしようの表面で、乳の並んでいる部分。ちちのま。 → 梵鐘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の乳の間の言及

【梵鐘】より

…鋳物師の間ではこれを〈六道(ろくどう)〉と呼ぶ。上帯の下にある横長の4区画を乳の間(にゆうのま∥ちのま),または乳の町という。ここには乳(ち∥にゆう)と呼ぶ突起を配列するのでその名がある。…

【梵鐘】より

…鋳物師の間ではこれを〈六道(ろくどう)〉と呼ぶ。上帯の下にある横長の4区画を乳の間(にゆうのま∥ちのま),または乳の町という。ここには乳(ち∥にゆう)と呼ぶ突起を配列するのでその名がある。…

※「乳の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳の間の関連キーワード産褥期の注意すべき症状と対策人工栄養授乳間隔梵鐘

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android